精密なプレス技術と成形技術に支えられる機構部品

機構部品と呼ばれる部品は、電子部品の中でスイッチやコネクタ等の可動部を持っていたり、抜き差しする機能のある部品を指します。

機構部品関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

この機構部品の特徴としては、接点となる金属部分とそれを保持して部品としてまとめ上げるプラスチックが、複雑に組み合わされて構成される点が挙げられます。
電子機器の多機能化・小型化の中で電子部品には極限の小型化が要求され続けて来ました。
これは複雑な構造の機構部品に対しても例外ではありません。



この機構部品の小型化は、日本が得意とする精密なプレス技術と、成形技術によって具現化されて来たのです。



プレス部品は、何工程かの打ち抜きや曲げ加工を行う為の精密な順送金型に、テープ状の薄い金属シートを送り込み、生産されます。
この精密な金型技術がベースとして必須なのです。

一方の成形工程では、精密な金型技術と共に、面実装化によって耐熱性が要求され、難成形性の樹脂を使いこなす技術も必要です。また超小型の金属片や成形品をパーツフィーダーで送り込んで組み立てる事が非常に困難となりました。


この課題を解決するためにプレス品を連続テープ状に形成し、それを成型金型に送り込んで成形するインサート成形技術を確立してきました。この様に日本の町工場が培って来た精密金型技術をベースとし、プレス技術や成形技術を磨き、組立方式に革新的なフープ搬送方式を生み出した事で、機構部品の超小型化を達成して来たのです。

携帯電話やスマートフォンと言った多機能・小型電子機器が可能となった底流には、こうした町工場が培い磨いて来た超精密な金型技術の存在も見逃す事は出来ないのです。