機構部品は部品自体に電気的な機能はありません

機構部品は電子部品に含まれるもので、電子部品には能動部品と受動部品、そして機構部品の3種類に分ける事が出来ます。
能動部品の代表例としてはトランジスタやダイオード、ICなどがあります。

機構部品がさらに話題になりそうです。

受動部品の代表例としては抵抗やコイル、コンデンサなどの電子部品があります。
受動部品や能動部品はいずれも電気的な機能を持つのが特徴です。



例えば、抵抗は電流に負荷を与えて、流す電流の量を変化する働きがありますし、コンデンサは電気を溜める役割を持っています。


抵抗やコンデンサは電気的な機能を持つ電子部品になるわけです。ICは集積回路と呼ぶもので、IC内部には膨大な量の電子回路が内蔵してあります。

IC内部の電子部品自体は見る事が出来ませんが、抵抗やコンデンサ、トランジスタやダイオードなどと同等の働きを持つ回路が収められており、ワンチップで電気的な機能を持たせる事が出来ます。



機構部品は電気的な機能を持ちませんが、電子回路には欠かせない電子部品で、能動部品や受動部品以外の電子部品の総称です。
例えば、アナログスイッチやプリント基板、コネクターなどの種類があります。
アナログスイッチは電気信号を遮断、もしくは通過させる働きを持つ電子部品で、アナログスイッチは電子機器を使う人間が操作を行う事でオンとオフを切り替えます。コネクターは線材を取り付ける事で他のプリント基板などとの通信を行う時に利用する電子部品で、コネクターを使う事で半田を取り外す事なくプリント基板毎交換が出来るなどのメリットがあります。