機構部品は能動部品や受動部品以外の電子部品

category01

電子機器には電子部品と機構部品の2つが利用され、1つの製品が作り出されています。

機構部品は製品の機能を満足させるために利用する部品です。
例えば、オーディオアンプなどには、レバーが付いている製品があるかと思われますが、このレバーは電子部品を動かすためのパーツの一つで、レバーの先にはプリント基板上のスイッチを動かすための機構が設けられています。

電気的な動作を与えるための部品として、こうした機構部品が使われるケースも少なくありません。
尚、電子部品は能動部品、受動部品、機構部品の3つに分ける事が出来ます。

安心安全の機構部品の人気度が上昇しています。

能動部品は入力および出力を持つ部品で、与えられた信号に対し、特定の電流を出力するなどの特徴を持っています。
例えば、ICやトランジスタ、ダイオードなどの部品で、これらの部品は半導体と言われています。



受動部品は電力を消費する、放出、溜めるなどの役割を持つ電子部品で、抵抗やコンデンサ、コイルなどが受動部品に含まれています。
機構をつかさどる部品にはスイッチやコネクタ、プリント基板など、受動部品や能動部品以外の部品を機構部品と呼びます。


スイッチはオン及びオフを切り替える部品、コネクタは他のプリント基板や外付けを行う電子部品とのハーネスの役割を持ちます。

プリント基板には色々な電子部品が実装してあり、電子回路を構成してあります。



実装が行われたプリント基板も電子部品の一つでもあり、電子機器には欠かせない存在になっています。

機構部品の学びたい知識

category02

電子部品は大きく分類すると3つに分ける事が出来ます。ICやトランジスタ、ダイオードは現代の電子機器には欠かせない半導体です。...

subpage

機構部品コラム

category02

機構部品は電子部品に含まれるもので、電子部品には能動部品と受動部品、そして機構部品の3種類に分ける事が出来ます。能動部品の代表例としてはトランジスタやダイオード、ICなどがあります。...

subpage

機構部品の注目情報

category03

機構部品と呼ばれる部品は、電子部品の中でスイッチやコネクタ等の可動部を持っていたり、抜き差しする機能のある部品を指します。この機構部品の特徴としては、接点となる金属部分とそれを保持して部品としてまとめ上げるプラスチックが、複雑に組み合わされて構成される点が挙げられます。...

subpage

機構部品の基礎知識

category04

電子機器はプリント基板に半導体や電子部品を実装して回路が構成されています。この電子部品は、抵抗やコンデンサやコイルを代表とする受動部品とコネクタやスイッチを代表とする機構部品に大別されます。...

subpage